2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
JBL S3100 その後(2008/04/21 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
img1e0818eazikdzj.jpeg

img59cd19e6zik1zj.jpeg

img630a87d0zik2zj.jpeg

JBL S3100がやって来て20日くらいが過ぎ、いろんな音楽を聴いてみて・・・
まあまあ良い感じに鳴っていると思う。
まず初めにパワーアンプをCROWNのSTUDIO REFERENCE Iだけで鳴らしてみた。
キャノンボールのKnow what I mean?、ビルエバンスのピアノが流れ出し、
ん~?やはりA5に比べて線が細いな~という嫌な予感がして、キャノンボールのサックスが入って来た瞬間、深いため息とともにスピーカー失敗だったかな??と思ってしまった。
あまりにホッソリとしたキャノンボールが、小さく(良く言えばタイトに)たたずんでいた。
予想はしていたが、ここまでとは・・・

気を取り直して、S3100のバイワイヤー接続端子の高域側にサンバレーSV-2、低域側にCROWN、ウーハーとドライバーのレベル合わせをしながら、さあ試聴開始。
うん!これは良い!さっきとは違い、サックスに厚みと熱さが加わり、A5には適わないもののスケール感もじゅうぶん。
シンバルの音が多少痩せた感じがするが、高域側へのレンジが伸びたせいも有るだろう。
ケーブルとか、真空管を845から211へ交換したりすれば、より中域の厚みも出せるだろうし、ひとまず良しとしておこう。
スピーカーって鳴らし方次第で、本当に変わるな~ってつくずく思ってしまった。

日頃ジャズばかり聴いている訳でもなく、いろんなジャンルを聴くが、スピーカーを替えてからジャズの割合がだんだん減って来ている。
A5とは違う重い低音がS3100では出るから、DUB系の音楽とか、といっても大好きなサイレントポエツなど少しオシャレな感じのするやつ、を良く聴いている。
今の一押しは、フィッシュマンズのロングシーズン!大ボリュームで聴くと最高!!
スポンサーサイト
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<A5を訪ねて・・・(2008/06/02 過去記事) | メイン | JBL S3100(2008/04/01 過去記事)>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://slowslowtime.blog22.fc2.com/tb.php/146-8e7e2ccb
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。