2017 07 ≪  08月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 09
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
JBL S3100 その後(2008/04/21 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
img1e0818eazikdzj.jpeg

img59cd19e6zik1zj.jpeg

img630a87d0zik2zj.jpeg

JBL S3100がやって来て20日くらいが過ぎ、いろんな音楽を聴いてみて・・・
まあまあ良い感じに鳴っていると思う。
まず初めにパワーアンプをCROWNのSTUDIO REFERENCE Iだけで鳴らしてみた。
キャノンボールのKnow what I mean?、ビルエバンスのピアノが流れ出し、
ん~?やはりA5に比べて線が細いな~という嫌な予感がして、キャノンボールのサックスが入って来た瞬間、深いため息とともにスピーカー失敗だったかな??と思ってしまった。
あまりにホッソリとしたキャノンボールが、小さく(良く言えばタイトに)たたずんでいた。
予想はしていたが、ここまでとは・・・

気を取り直して、S3100のバイワイヤー接続端子の高域側にサンバレーSV-2、低域側にCROWN、ウーハーとドライバーのレベル合わせをしながら、さあ試聴開始。
うん!これは良い!さっきとは違い、サックスに厚みと熱さが加わり、A5には適わないもののスケール感もじゅうぶん。
シンバルの音が多少痩せた感じがするが、高域側へのレンジが伸びたせいも有るだろう。
ケーブルとか、真空管を845から211へ交換したりすれば、より中域の厚みも出せるだろうし、ひとまず良しとしておこう。
スピーカーって鳴らし方次第で、本当に変わるな~ってつくずく思ってしまった。

日頃ジャズばかり聴いている訳でもなく、いろんなジャンルを聴くが、スピーカーを替えてからジャズの割合がだんだん減って来ている。
A5とは違う重い低音がS3100では出るから、DUB系の音楽とか、といっても大好きなサイレントポエツなど少しオシャレな感じのするやつ、を良く聴いている。
今の一押しは、フィッシュマンズのロングシーズン!大ボリュームで聴くと最高!!
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
JBL S3100(2008/04/01 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
imgad989a49zik7zj.jpeg

なぜに今更JBL S3100なのか・・・せっかく苦労してユニットを集め、ようやく完成したALTEC A5を手放したのか??
魔が差したと言うしかない、A5が嫌な訳でもなく本当に気に入ってたし・・・
で、このS3100はオークションで落札して福山からやって来てくれました。
A5からだと、中音域が細身になり物足りないだろうなとか、低域と高域は伸びててとか。
まあ予想通りの音だった訳だけど、予想外なところもある。
予想以上にいい感じで鳴ってくれる!
ベースの歯切れも十分で、ラッパも厚みがあっていい、ボーカルも程よく繊細で、シンバルもオモチャっぽくならず良いのではないか、と今はこんな感じ。
今後いろいろと不満も出てくるとは思うけど、とりあえず後戻りは出来ない。
インテリアにもマッチしていい感じ出てるし・・・これでヨシッ!
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
機材入れ替え。(2008/01/14 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
img586b1987zik3zj.jpeg

img06930deczik0zj.jpeg

img13209f95zik8zj.jpeg

美容室slow timeのオーディオは今現在こんな感じ。
いろんな機材をハイペース?でとっかえひっかえしてきましたが、金銭的なこともあるし・・・
これからは少しずつ自分好みの音にしていこうかな!

んで、機材は・・・
スピーカー ・・・・・ALTEC A5もどき(515C,828C,291-16B,311-90)
プリアンプ ・・・・・mcintosh C42
パワーアンプ ・・・・高域、サンバレー SV-2
           低域、CROWN studio reference 1
チャンネルデバイダー・BBE Max-X3
アナログプレーヤー・・AMAZON System3
カートリッジ ・・・・lyra DORIAN
MCトランス ・・・・・ハイフォニック
CDプレーヤー ・・・・TASCAM DV-RA1000

資金の都合次第だけど200Vの線を引いて、ダウントランス入れる予定。
仕事も頑張って稼がなくては!!
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雑誌(analog)に出てしまった!(2007/09/24 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
imgddb642dazik1zj.jpeg

imgf3fdde43zikczj.jpeg

というわけで「analog」という雑誌に出させて頂くことになりました。
知っている人もいるかとは思いますが、マニアな感じがプンプンのオーディオ雑誌です。
さあ本屋さんに行って、オーディオ系の雑誌が置いてあるコーナーへ急いで下さい。
全国紙なので日本に住んでたら見れますよ~!
良く行くジャズ喫茶(アダムス・福岡市城南区梅林)のマスターが雑誌社の方に紹介して下さって、このような運びになりました。感謝!
オーディオに興味がある方は是非来てくださいね!(連絡先はプロフィールのところ)
カット5,000円です。
毎度あり~!
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
続、2ウェイに戻ったA5!(2007/02/16 過去記事)
- 2013/06/26(Wed) -
img05ead657zik6zj.jpeg

プリがローテルのRC-1070
チャンネルデバイダーがベリンガーのCX3400
オーディオのハイエンダーの方から言わせれば、トホホな感じかもしれないかな・・・
今の僕には何にも問題ない!良い感じ!
以前使ってた、マッキンのC40、34Vよりも気に入ってる。
で、前に言ってた高域の減衰に対しての打開策なんだけど、CX3400についてるCD HORNってスイッチ、これが効くんだよね。
詳しくないんだけど、もともとラジアルホーンなんかの性質で高域が減衰するのを、補正してあげる機能みたい。高域のブースト機能。
ただこれをオンにすると、高域が強調されすぎた感じがするからプリのトーンコントロールでちょっと低域も上げてあげると・・・ん~現代のスピーカーみたいな鳴り方!?
良いかも!
でも、ピアノ・サックス・トランペット等、厚みって言うか、前に出る感じって言うか、中域が物足りな~い・・・トホホ
なかなか難しい。
この記事のURL | Audio & Music | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。